2007年4月より社会人から看護学生となりました。

テンプレート変更中・・
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |PAGE TOP↑ -
N君のこと。
category: - | author: あいさん
 
 N君は、私の担当ではないけど、よく私が
「CちゃんCちゃん!」って言っていたのを聞いてて 真似をしてたのを思い出します。

私の名前は覚えていなくても、3歳だけど、私がCちゃんの受け持ちをさせてもらってる
学生ということをN君はわかってました。

Cちゃ〜ん Cちゃ〜〜〜〜ん ってとってもかわいいN君(笑)


前回にも書きましたが、毎日一緒に行ったり一緒に帰ってた山本さんは
悩んでました。

「N君はとても難しいよ・・」って。

保育士さんの勉強をしているわけではないので、看護として看護計画、
看護学生としての視点で記録や接し方も考えていかなければならないのですが。

何が難しいかというと、いくつかあったようですが、その1つに、
”N君は大人がいる環境に慣れている”というのもあったようです。

信じられないかも知れませんが、病院からあまり出たことがなく、同じ年頃の子と
遊んだ経験があまりないN君は、大人との距離感や病院の環境というものに
慣れていました。

小児科はベッドからの転落を防止するためにベッド柵は子供の頭よりも高い位置
まであがります。もちろん、自分で柵をおろすことはできません。悪い言い方をする
ならば檻と同じです。

オリにいれられた自分がもし子供だったら・・・というを想像して頂くとわかるかもしれませんが、
かなり辛い状況です。

誰かがきて、オリから出してくれて抱っこしてくれるけど、時間がきたりケアが
終わると子供をおろして檻を上げて 違うところに行ってしまいます。

寂しいから子供は泣きます。抱っこからおろされそうになっただけで、泣く子もいます。
インプットされてるのかもしれないですが。おろされたら この人は離れていく、という
ことを。


しかし、N君はなれているから泣かない。
さらに、ほかの子が泣いていたりすると自分も寂しくなって泣いたり、
泣き声がうるさくてお昼寝の時間もずっと起きていたりする子も多いのに
N君は 環境になれていて、寝ているのです。

それは私の中ではとっても衝撃的でした。

comments(1) | - |PAGE TOP↑ -
N君。
category: - | author: あいさん

ずいぶんと途切れ途切れの記憶になりつつありますが・・・


その後。

ずっとソファーにてCちゃんの事を考えていたりしていらっしゃるのか
とっても静かな4人のご家族でした。

私はというと、ナースステーションで、OPE出しをしたのもあり、
後はオペ迎えというのが残ってます。

それまで、実際はカルテを見たり、看護学生としての記録を整理していたり。


同室の患者さんでN君という男の子がいました。
3歳です。

このN君の担当を私の同級生のKちゃんが担当させてもらってました。

ちょっと話がそれますが、実際にこの日は自分の担当の患者さんが
オペに行ってしまったこともあり、N君と同級生の山本さんのやり取りを
いつもより何とはなしに見ることができました。
(通常は自分の患者さんの事で精一杯でそんな余裕はまったくないです)

私はN君にはとても考えさせられるものがあって、本当に何とも言えない
気持ちになるのでした・・・。


このN君は生まれてから今現在まで、ほぼ病院から出たことはありません。

N君のご両親の気持ちや家族に気持ちやN君本人を見るととても
胸が苦しい・・というのが実際です。。

しかも、よくドラマなどであるような、白血病の関連ではありません。
白血病などの内科系疾患ですと、それもやはり見るからにぐったりしてる
お子さんが多くて、自分の不甲斐なさも重なり なんとも言えない気持ち
になるものです。

しかしN君は外科系の疾患です。見た目はとても元気。
よく話し、一見とても明るくて。だからこそ、”こんなに元気そうなのに・・・”って
これもまた思うんです。

山本さんが「N君 おはよう^^」って言うと

「やまもとしゃん!おはよう!」って 挨拶するN君。



実習が終わると、私と山本さんは同じ方向で家もけっこう近いので
電車はずっと一緒。

その電車から 小児科の病棟が見えます。
窓も ”あそこ N君がいるとこだね・・・”って この数週間の実習で
何度か2人で口にした言葉。

切なすぎるわけで・・・


何度も自分の健康のありがたみを実感させて頂き、
N君を何とかしてあげられないのかなって 電車がその駅を離れる時に
いつも思いました。

N君は病室で電車が来ると 「でんしゃ〜!」って言います。

本当に なんでこんなちゃらんぽらんに生きてる自分がいて
N君がいて 世の中おかしいよねって 変な意味じゃなくて
とても思ってしまいました。

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
戻ってから。
category: - | author: あいさん

オペ室の外に出ますと、ご両親の姿などはありませんでした。

小児科病棟に看護師さんと戻る。


オペ中は、カルテなどでの情報収集などをしてましょう、と指導者の男性看護師さんより
言われまして。

西病棟と小児科が通じる、待合場所(ただソファがしかれているところ)に
ご両親・お母さんのご両親の4人が座っていらっしゃいました。


改めて、挨拶をさせて頂くことに。

「すみません・・こんな大変な時に申し訳ないです。Cちゃんを見させて頂くことになりました
看護学生です。至らない点もあるかと思いますがどうぞよろしくお願いします。」


お父さんが、「いやぁよかったですよ。看護学生さん!いつもこうやってやるんですか?」と
雑談のように話しかけて下さいました。

多少・・その明るいテンションに驚きつつも・・ 「そうですね。色んな病棟に行って
患者さんから学ばせてもらってます」

お父さんは「看護師さんになるんですかぁ^^」と好意的に話しかけて下さるのですが
後ろに見える お母さん・お母さんのご両親2人 の計3人は 沈んでいる感じが・・・


「なぁ!Cちゃんにとっても遊んでくれるお姉さんがいて よかったよなぁ」と
お母さんに仕切りに話しかけるのですが お母さんは心ここにあらずと言った様子・・


ではまた・・ とおいとましまして。
ナースステーションでカルテを。



カルテにはそれこそめいっぱいの個人情報が載ってます。
住所・名前・勤務先・家族構成・出生状況・分娩方法

こういったものだけではなく、看護師さんが書くカルテとドクターカルテ。
後は検査結果の紙、保険、画像診断の写真 などなどありとあらゆるものが
挟まっています。

看護師カルテには、

SOAP形式でこの病院は書かれてます。

S→主観
O→客観
A→アセスメント
P→問題解決


みたいな感じかな・・

S:「痛い痛い!」(患者さんの状態。主観は自分の考えはいれずありのまま書く)
O:訪室時泣いている(S見ての客観的意見)
A:薬効が切れた可能性あり
P:薬剤追加投与


とか例えば・・ 合ってるかどうか微妙なものですが、
こんな感じで書いてあります。

この形式は誰が見ても分かりやすいように書いてあるので
Drも、日々会っていない患者さんの状況が一目で分かるかと思います。


ただ、はっきり言って 単純の書くのほど難しいって事はあります。
特にOとAとP つまりS以外は難しい。

自分の見た感覚がずれていたら 以下 全部だめになりますから・・・


そういうものを今、学生としては何度も記録で練習してます。


Cちゃんは入院暦も浅く、また生後まもなくなのでデータは
とても少なく薄いカルテでした・・^^;

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
手術室の中。
category: - | author: あいさん
 OPE室前へ。

Cちゃんは笑顔いっぱい。そこでお母さん達ご家族はバイバイです。

「頑張ってね!Cちゃん!」と皆がその成功を祈るような言葉かけを。
少しぐっときます。気持ちも何かしゃきっと・・
まぁ私がしゃきっとしてもこの場合はあまり意味ないのですが。

OPE室に入室前は帽子をかぶり、アルコール消毒をします。
ウェルパスというもの。最近はスーパーなんかの入り口にも
置いてあったりしますね。

Cちゃんの頭にも帽子を!
赤ちゃんだから 大きくって それがかわいい・・・

キャッキャと何も分かってないCちゃんです。

ドアが2つほどあり・・どんどん奥へ。

病院の中のOPE室っていうのはそういう空間の名前のようなもので
実習先の病院のOPE室は ○号室 △号室・・・とたくさんあります。

Cちゃんのオペ場所はかなり奥のほうでした。

オペ看さんと病棟看護師さんとWチェック。
名前、年齢、疾患、ネームタグの確認、朝のバイタルサインの様子 などなどを
確認しあいます。

特に名前の間違いなど許されないミスのために ネームタグを2人で確認。
OPE室にあるOPE表?のようなものも確認。名前が同じような人、
苗字が同じような人が同じOPE日に重なってるならばそこも入念です。

今まで抱っこされていたCちゃんが 今度は手術台に乗せられます。

・・ここからCちゃんは 何か違和感を受けたのか、キャッキャキャッキャと
言わなくなってきて、

更に 吸入麻酔を医師よりあてられると 変な煙が口のところにあてられるので
いやだ〜といったように 手足をバタバタ・・・


2〜3人の看護師さんも最初は あらーかわいい^^ とか
こんにちわ〜よろしくね〜と言っていたのですが
ここからお仕事モード全開。

医師が吸入麻酔をして手足をバタバタするCちゃんを 足や手を
少し抑えたりしていました。

でもちゃんと声かけ・・「ごめんね〜 眠くなるからね〜」とか
言ってましたね。

赤ちゃんでも患者さん。これが看護ですよね。


ここまでくると 病棟看護師さんと私も退出の時間。

「Cちゃん頑張ってね!またあとで来るからね!」と言い

手術室を退出しました。


そういや ナースキャップの上に手術用のキャップをかぶるので
とてつもなく変な形になります。。
comments(1) | - |PAGE TOP↑ -
オペ室へ。
category: - | author: あいさん
 どうやら前日におじいちゃまに学生が担当させて頂くことは話していたようで、
もちろん「じゃあ 言っておきますね」 という事だったのですが
話しが伝わっていなかった模様・・・


OPE当日にも関わらず、ご両親に指導者さんからお話しをして頂きました。

お父さんは

「そうですかー!娘を見てくれるんですか!いやぁよかったじゃないか〜
 なぁ!?」

と奥様(ママ)のほうを向いて話しかけましたが、ママは心ここにあらず といった
状態・・・

うなずきもせず 会釈等もせず。。

”これは了承して頂いたのか分からないな・・”と内心思いましたが、
勿論OPE当日ですので、その心中察するところありました。

挨拶も簡単に済ませ、一度ナースステーションに。

指導者さんから、「お母さんの様子・・・見たよね?今、そんな事を考えてる
余裕はないというか・・」 とお話しが。

私も「大丈夫です。分かってます。」と答えました。


そして手術室へ。

Cちゃんは何も分かっていない様子でした。
ただお父さんに抱っこされ、みんなで手術室へ向かうのが
嬉しいのか きゃっきゃきゃっきゃと笑ってました。


成人(大人)ですと、ストレッチャーに乗って行ったり、
車いすに乗っていく事が多いのですが、多分 ご家族も
安心できるためか、普通に抱っこで行きました。

その笑ってる様子は周囲の大人を安心させ、心を穏やかにさせました。


・・・そこが子供の大人を癒すパワー。

大人は難しい事を考えるわけで、それは当たり前のこと。

でも子供は自分の状況が分からない・・ ただ楽しければ笑うし、
悲しかったら泣く。本当に純粋で、無垢で 大人の悩みを
ふっとばす力の持ち主。その時、私も含めて 7人の大人が
いたわけですが、階段を降りる時から手術室までずーっとその調子で^^
(手術室は下のほうの階)

本当にかわいかったです。




comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
小児看護実習(手術当日)
category: - | author: あいさん

 さて、次の日。実はあの後に再び、おじいちゃんがいらっしゃってました。

一度、ご家族(ご夫婦)は帰られまして。夕方になって、ひょっこりと
おじいちゃんだけいらっしゃったのです。

初孫だそうで、心配なのと顔を見たいという気持ちなのですかね^^

おじいちゃんだけ ほんとに ひょっこりとだったので
何か いいなぁ と思いました。

指導者看護師さん(男性)が、少しだけ お話しをして下さったみたいです。
学生を実習につかせてほしい、というお願いを。

おじいさまからは、「分かりました。じゃあ後でお母さん達に行っておきます。」と
お返事をして下さった、ということを朝に聞きました。

そして、その日は手術当日。

もちろん、ご両親も朝から来るだろう・・と思っていました。


私には、指導者さんから「もうあの子を受け持つことになると思う」と
言われたので、手術前と術後の看護計画を書いてきて、と前日に言われておりました。


手術を受け持つ前の日の記録物(つまり 課題です) はかなりヤバイのですよ。
それこそ、”寝れるのか!?”というぐらいの量になるのが普通です。

観察項目というのが膨大なのです。

日々の看護を見てるわけではなく、その患者さんにとっても、手術を行う事により
前日の状況から一変、劇的に変化をしてしまいます。


例えばの話しですが、手術前の観察項目として・・

全投薬の状態、投薬後の患者の状態、投薬後のバイタルサイン状態(呼吸・循環・体温・
脈拍)、表情、吐き気の有無、顔色、言動


などなど、 ”投薬”を1つにとっても かなりの量があがります。

また、当日に手術から帰ってくるのであれば(たいていそうですけど)

術後の看護上の観察項目もまたすごい量になります。

術直後の麻酔からの覚醒はするか?
意識レベルはどの程度か?
術直後のバイタルサインの測定値は?

〜この間に オペ室看護師さんと部屋持ち看護師さんとのやりとりあります〜
引継ぎみたいなものです。


帰室後のバイタルサインは?

子どもですので、てい泣状態は?(どのくらい泣いてるか?)
興奮はどのぐらい見られるか?

傷の状態はどうだったか?


・・・・・・・・

などなど あげたら すごい量になります。
合併症も気になります。 麻酔ですので、
大人の患者さんなら、喫煙度が高い方ですと、
肺の状態がもどりにくかったりだとか・・


というわけで 前日に色々と考えて記録を書いてきました。

とどのつまりは かなり眠い!という朝だったのですが、
やっぱり 手術室に一緒に行く となる場合ですと

気持ちが しゃきっと 引き締まってしまうのでした。


と・・ その前に 親御さんの私の実習の承諾が。。






comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
小児実習(受け持つ・・・?かな)
category: - | author: あいさん
結局、その実習当日には受け持ちについての話しはしません、と
看護師さんから言われてしまいました。

やっぱりご両親の心配事もあるので、、というお話でした。

しかし、ご両親が帰られてから、赤ちゃんに触る機会が!!


この子は・・・とーってもとーっても顔立ちが綺麗で
まるでフランスのお人形さんみたいな子でした。

かわいい〜!!!

生後6ヶ月という時期は、寝返りが打てるようになって、
行動範囲が広がる年齢、と授業で習いました。

しかしまだ人見知りをする年頃ではないんです。

人見知りは7〜8ヶ月ごろ。いつも自分の面倒を見てくれる人と
そうでない人と、はっきりと分かるようになってくるのですね。。

それは1歳の年齢もそうです。保育園実習の時に1歳の子たちからは
とても嫌われました(笑)もちろん、一緒に行った同級生のMちゃんも。

保育士の先生から言われたのは、「これは正常な経過をたどっている証拠。
人見知りをして、成長していくのは誰もが一緒。だから、嫌われてるとか
落ち込むんじゃなくて、”順調に成長しているんだなー”と思いましょう」と
いう言葉をよく覚えています。

その証拠に、虐待施設にいる子供たちは誰も人見知りをしない。。。
悲しい話しです。知らない人が来ても、どの年齢の子も、
わーーとくっついてきたり、触れてきたりするそうです。

確かに、普通は逃げちゃったりするものですよね。
悲しい現実。。

話しそれましたが、人見知りのホントにほんの手前だったので
すごーく マスクとか引っ張られました(笑)

肩につけたぞうさんワッペンも引きちぎられるかと思いました。
なめました。

んー どれをとってもかわいいじゃないですか!

連れ去っちゃうぞ〜!(と本気で思った)


あー こんなにかわいいんだから
受け持たせてほしいデス!!と痛切に心の中で
唱える自分。。。



 
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
小児科実習(受け持ち前)
category: - | author: あいさん
 
 午後になりまして、外来からまわってきているカルテだけでも、と
見させて頂いてたのですが、全然記載がない・・・

とりあえず、ご両親の年齢やら家族構成、赤ちゃんの体重や身長など
分かる範囲で 自分のメモ帳に書いていると、

なんか アネムネ(問診)らしきものをしようとしているご家族が。

しかも 赤ちゃん赤ちゃん!! 絶対そうなんじゃないかなーーと
とちょっと 楽しみにしてました。


でも・・・

なんか 不安定そうな感じで・・ アネムネも長い。。。
入院前のお話は けっこう短時間で済む方は10分とか
で終わる場合もあるかと思うのですが、お母さんと思われる
方が かなりご質問をされている様子。。

実習の受け持ちをさせてもらえるのかな!? と多少の不安を
抱え、、

ちなみに受け持ち看護師は指導者看護師さんになってました。


やっぱり思っていたように、

「ちょっとお母さんが不安定さが強いので、まだ実習の受け入れに
関しては話せてません」と言われました。

確かに、まだ0歳の状態で明日がオペとなれば、ご両親の
不安もさぞかし強いよね。。。

と思います。

最近は 小児科でもそうなんだ〜 と驚きましたが、
やっぱり早期退院 ということもあり、手術前日に入院っていうのは
全然普通なのですよね。

お母さんの不安は、「麻酔」のことのようでした。

小さい子どもさんは、手術中は いくら小さな手術であっても
やっぱり動いてしまったりして 術野(じゅつや)の妨げになるようで、
全身麻酔での手術になります。

麻酔っていうのは、「ちゃんと 覚醒 してくれるの!?」という
不安が大きいかと思います。

目が覚めてくれるのかな、という不安。
あとは口から麻酔をすわせるので 肺とか呼吸は平気なの!?

という不安。

などなど、やっぱり お母さんはその点が不安のようでした。

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
小児の受け持ちさん。
category: - | author: あいさん
 今回、楽しみにしていた小児科実習なわけですが、
実は連休の関係があって、5日だけの実習という
悲しいのだかうれしいのだかという期間になってしまいました。


私、受け持たせてもらうお子さんは 学童期にある子か、
幼少期にある子だと思ってました。

が!!

何と0歳児さん・・・・・・

保育園実習の0歳児クラスでも、1歳の子しかいなくて(それが普通だそう)
0歳の子と言えば 産婦人科で生まれたばかりの子どもしか触ってない〜

うーんうーん・・・予想していたのと違うわぁ・・
これだとNICUでのサマートライアルと同じような感じになってしまう。。

ですが、0歳もかわいいじゃないですか と会う前から
少し楽しみに。。

ちなみに疾患は 先天性です。

足の指がくっついて生まれた女の子の赤ちゃんです。

一応 パスワードがあるとは言っても
これ以上の詳しい内容は ちょっと・・控えます。


この指を 手術によって 削る形になります。
ですので術前〜手術〜術後 を関わらせて
もらう形になりました。

でも、まだ 赤ちゃんは入院していない・・

実習初日の午後に入院だそうでした。


今回の指導者看護師さんは男性看護師さん。
とってもやさしそうな看護師さんでした。

えーっと びっくりしたのですが、辞めた会社に
いらっしゃった 先輩 とそっくりで驚きました。

Sさん・・ と ここで書いても分からないですよね。
でも”弟かお兄さん!?”と思うぐらいにそっくり
でした〜

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
小児実習の朝の思い出
category: - | author: あいさん
小児科実習は横浜の病院にての実習でした。

こっちはいつもの病院に比べて電車代(新しい定期代)もかかるし、
朝はいつもより早い・・

5時起きというのが普通でしたね。

とは言っても横浜市内に住んでいるのでそこまで早くなくても
いいじゃない という話しなのですが、私は電車代を節約するために
ぐる〜っと多摩川を2回渡るようなルートで行きます。。

でもでも!これで5千円以上の節約になるのですよ。
バイトで5千円稼ぐのだって半日をつぶすと思うと
5時起きなんて って思います。

しかもお弁当作りのバイトまで始めちゃいました(笑)
実習中は5時起きの夕方19時帰りぐらいなので、
バイトに入れません。お金に困るわぁ・・と思ってひらめいたのが、
グループメンバーにお弁当を売る という苦肉の案。

しかし、友達というのもあり、価格は200円に設定。
3件ぐらい受注しまして・・ いつも実習帰りに近くのスーパーに寄り、
安い食材を見繕って買って帰ります。

200円とは言え、利益を出さないことにはボランティア。
ちょうどピーマンが安い時期だったので、使いまわしました。
一人暮らしだと、5キロのお米でも1ヶ月ぐらい持つのに
なくなるなくなる(笑)

初日、オムライス。次の日はオムそば。3日目に野菜炒め+バナナ・・・・
と段々グレードが落ちていく。

野菜炒めなんて、もやしのかさましで かなり申し訳ない感じに
なってしまったのでバナナをつけた次第です。

かなり お金にシビアにしてました。

箸の代金、パッキングの代金、食材割る人数分・・・と考えますと
利益は少量なのですがね。

それでもどのみち 自分のお弁当は作らないとならないから
フライパンを握るのは変わらないと思い 早起きして作りました。

あ それの5時おきでもありますね。

それで6時半ぐらいに家を出て 3人分のお弁当と 実習用具を
もって カバンは重い。

子どもが多いお母さんの気持ちがよく分かりました。
あんなにご飯を炊くのは 一人だとないし、
フライパンがいつもより重いし・・

よい思い出となりました。

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
new old
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS
SEARCH